FC2ブログ

≪ 2018.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2019.02 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.09 Sun
モラハラ
最近、友人から モラハラ に関する相談を受けました。

セクハラ=セクシャル ハラスメント
性的いやがらせ。特に、職場などで女性に対して行われる性的、差別的な言動。
ドクハラ=ドクター ハラスメント
看護師を含む医療従事者の患者に対する暴言、行動、態度、雰囲気を指しますが、
モラハラとは、モラルハラスメント、精神的な暴力、嫌がらせのことで、
今回は、夫婦間、夫から妻への執拗な嫉妬、言葉の暴力が問題になっています。

モラハラ という言葉は、最近NET上でもよく見掛けるので、
凡その認識はありましたが、何でもかんでも、そう表現してしまうことをはばかり、
少し調べてみたところ、モラルハラスメント被害者同盟 というサイト中、
モラハラの特徴 を分析した記述を見付けました。

最初は優しい、同情を誘う、豹変する。 ふむ、ふむ。
平気で嘘をつく、自分を正当化する、責任転嫁する。 うっ・・・
相手の大切なものを捨てたり、相手が可愛がっているペットをいじめたりする。 うん、うん!
予定をコロコロ変える、相手を不安にさせる、マイルールがある、嫉妬深い。 そう、そ~
外との接触を絶たせる、言葉で冒涜する。
小言の後に「反省文を書け」「レポートを出せ」と命じることがある。
爆発が起こった後は、嵐のあとの海のように穏やかになる。
・・・悲しい悲しや・・・思い当たる。

一昔前のことながら、わたしの傍にもその手合いが居りまして、
生涯、あれほど傷付いたこともなければ、自信を無くしたこともなし。
今でも、浴びせかけられた罵倒を一言一句思い出せます。

一体、彼は何をしたかったのだろう? と疑問ながら、
彼自身は、わたしを教育 「してやっている」 つもりだったのかも知れません。
但し、自分色に染める為の教育であって、社会的には何ら必要のないことです。

ただひとつ得たことは、
それ以前のわたしよりも、ひとの痛みが分かり、気遣うようになりました。
数々の衝撃的な批判が脳裏に刻まれた為、何かしら、言動の抑制につながっています。

しかし、友人はわたしとは違い、鼻っ柱をへし折られる必要などないヒトなのに、
長い時間を掛けて、羽根を一本一本抜かれてしまいました。
もう二度と飛べないんだよ、と囁かれながら。

翼があっても、飛べない鳥が居ます。
大空がそこにあっても、飛べない鳥は、飛べないのではなくて、飛ばないだけなのかも知れない。
大空を舞うことだけが、鳥の幸せでないのかも知れない。
それでも、残りわずかな羽根で、大空を飛びたいと願う鳥ならば、
大空に近付く途があるはずだと、信じてください。
わたしは知っています。
今は完璧な姿で舞うことが出来ずとも、必ず、翼は蘇るということを。
更に大きく、更に美しい翼になりゆくことを。
スポンサーサイト
のんちゃん
リンカさんえらい。私の元旦那もそうだった。やっぱりそんな人は一言でいって器がちっちゃかったんですね。自分の許容範囲内で収まる女に再教育しようとするんですよね。はい。

出られてよかったですね。えらいえらい。

私も時々そんな関係の女性から話を聞く機会がありますが相互依存している場合はもうどうしようもないです。「この人には私がいないと」などと言って身体にあざを作っていてはいけません。でも御本人たちは気がつかない。
2008.11.10 Mon 00:23 URL [ Edit ]
リンカ
お~のんちゃん!今、君んちに立ち寄ってたとこだよ♪凄い距離でチャット状態だね~
いや・・その・・脱出は実に3年掛かりましたからね。「この人にはわたしがいないと」と思わせる鉄人には、早々、歯が立たないもんよねぇ。それにしても、世の中にこういう鉄人がはびこっている・・何がそうさせるんでしょうねぇ?
2008.11.10 Mon 00:37 URL [ Edit ]
のんちゃん
はははホントだったね。でもなぜかブログが私にメールでコメントの到着教えてくれなくなっちゃってたの。だからコメントがあったの今まで知らなかった。

もしまえのにもコメントしていたら返事出していない。早速見てみるよ。

それにしても3年。長かったねぇ。でも価値ある3年だったよね。
2008.11.10 Mon 07:25 URL [ Edit ]
銀ままん
なんだかシンクロというか、たまたま2、3日前に読んだ雑誌に、このモラハラというのが載っていて、傷が見えないぶん、人にはわかってもらえにくいのは辛いやろうなぁと思いながら読んでました。

そう、翼は必ずよみがえり、そして、飛び立てる空も必ずみなさんの上に広がっていると信じてます。
2008.11.10 Mon 10:07 URL [ Edit ]
ねーさん
精神衛生の研究が進んで、モラハラから抜け出そうとすればサポートを得られやすい時代になったのは、ありがたいことです。身内にもモラ夫がいて、子どもに連鎖してます、、、男の子は自分もモラ男になり、女の子はモラ男を選ぶ共依存になってしまうの。連鎖を断ち切ろうとするすべての被害者を応援したいです。
2008.11.10 Mon 11:47 URL [ Edit ]
リノン
私も先輩にそういう事されたなぁ~
いまでも夢にでてくる・・・・
翼がもげた原因は、震災だけじゃないことを私が一番知っている・・・
でも、翼をもがれた人の痛みはわかるようになったから・・・
それだけでもいい・・・

いつか、飛びたいけど・・・・
2008.11.10 Mon 19:14 URL [ Edit ]
kano
男性は小さい社会(家族)ですら上下を作るのでしょうね。
その中で女(奥さん)は絶対的に部下以下なのです。
「おってあたりまえ」
「自分の意見には必ず従う」
「自分が面白いと思うものさえも同じでなければならない」等・・・。
一人の人間として大切にする存在ではないようです。
DVを受けている奥様方は決してその鳥かごの外へ
出ることが出来ない。
なぜなら、その痛みよりも未知なる開放の方が
怖いから。
その未知なる開放を選ぶ勇気を持つのに相当の
決意がいるそうですよ。
だから、何時も同じ痛みを受けながら泣く。
「あの人は優しい時があるんです・・。」なんて。
つらいよね。
2008.11.11 Tue 10:47 URL [ Edit ]
かみちゃん
モラハラって言うんですか・・・。
加害者の方も、一種の精神的な病なのかも知れませんね。
自分の所有物は自分の枠の中にはめ込みたくなるのでしょうか。

愛情のかけられ方を間違って育つと、出るような気がします。

私とは全く関係ないですが、一年半前まで、ほん近くに居ました。似たようなのが。平気で騙す、自分を正当化する、責任転嫁する、、、、そうそう。暴力とかはないと思いますが、でもオンナは皆、『この人には私が居ないと』と思うみたいです。
ある種の洗脳みたいな感じ。傍で見ていた私はアホ臭くなって会社辞めました。(笑)


2008.11.11 Tue 10:57 URL [ Edit ]
リンカ
のんちゃん、忙しくてコメント返しどころでないのかなと思ってたよ♪そう言えば、FC2の解析も突然、出来なくなったわ。

銀ままん、モラハラという言葉がいつからメジャーになったのか分からないけど、主題にしてるトレンディドラマも出て来てるわ。人に話せるようになるまでが、結構高いハードルなんだよねぇ。

ねーさん、虐待を受けて育った親が子供に虐待をしてしまう・・というドキュメンタリーを見たけど、同じ様なことなのね。NET上でもコミュニティサイトが増えてるし、力付け合いながら克服してくれるといいなぁ。

リノン、わたしも未だに夢を見るのよ。ただ、昔の様に涙は流れなくなったわ。自分に非があるのではないか?という観念を捨て切れた時、完全に翼が蘇る。あくまでも持論ですが、そう思っています。

KANO,婚姻関係でなかった上、自己中なわたしでさえ、決別に時間を要したので、子供が居る家庭では並大抵なことでないだろうとは思うわ。ただ、どう生きたいのか?どういう状況であれ、冷静に目詰めて欲しいと切に願うわ。

かみちゃん、わたしは、正直、精神病だったと認めるわ。周りにも相当迷惑を掛け、飲むと手が付けられなかったようで・・当時、客観性など持つ余裕がなく、どれ程恥をさらしたのか?よく分かってないんだけどね(汗)
最近のモラハラの傾向は、DVを避けるそうよ。見える傷を残さず、法的な処罰から逃げれるよう巧みに計算しているらしい。家庭のみならず、社会でこの手合いが増殖しているかも知れないわよ・・・
2008.11.11 Tue 23:22 URL [ Edit ]
そういうの、私もいっぱいかいま見て来た感じがしますが、
結局そう思いこまされてるだけで、実は全然羽も捥がれて
ないし、ちゃんと飛べるんじゃないかと…

気持の切り替え次第で是非とも広い新しい空へ、高く飛び立って
欲しいな~!きっと羽は今もちゃんと背中にあるから!!


…なんて言う言葉は、短絡的すぎますか(~_~;)


でも私は信じてる!!!
2008.11.14 Fri 02:49 URL [ Edit ]
ぐんぐん
ご無沙汰しております。
ぶろぐのコメントいただいていたのに見逃しておりました・・・。
相変わらず天然でございます( ̄ー ̄;

最後の「それでも、残りわずかな羽根で、大空を飛びたいと願う鳥ならば、
大空に近付く途があるはずだと、信じてください。」
といおう文。
とってもジーンと来ました・・。
何事も、信じるというのはとっても難しいことです・・。

でも、信じるしかないんですよね~。
きっと・・・。

素敵な、言葉に出会えたこと。
ありがとうございます。
2008.11.14 Fri 21:47 URL [ Edit ]
リンカ
hiromi、実に、周りからそう言い続けられて、ようやく我に返れるものよ!何年掛かろうが、わたしもそう言い続け、声援を送りたいと思います。

ぐんちゃ~ん♪ 立派に頑張っててぇ、姉ちゃんはうれしいよ☆ コメント返しも御ブログで拝見しました。いつも温かなヒト達に囲まれている。あなたの人徳だわね。
人って、少し思い上がること=自分で良き報告へ暗示に掛けるってことも必要だと思っています。ぐんちゃんも、名の如く、ぐんぐん伸びるのだよ~♪
2008.11.15 Sat 21:58 URL [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lunalyric.blog28.fc2.com/tb.php/107-b72b3de5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。