FC2ブログ

≪ 2019.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019.05 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.29 Wed
八坂・柚子屋旅館
先日、こちらのブログで 町屋のレストラン を紹介したところ、
いっぺん行きたかって~ん! 連れてって~♪
とあちこちから反響がございまして、早速、友人を 柚子屋旅館 へ案内しました。

八坂神社の南隣りといっても、
柚子屋八坂

一体化しているように見える小さな門をくぐって石段を登ると、
柚子屋玄関
★玄関から中庭を臨む http://www.yuzuyaryokan.com/
柚子屋だけに柚子がお出迎え♪ という季節から、雄々しい長岡産筍に替わり、柚子屋筍

ゆるりゆるりとおくどさんで蒸されているところでした。★玄関脇 http://www.yuzuyaryokan.com/
柚子屋おくどさん
客室は8つとこぢんまりとした旅館ですが、1階にある ごはん處・一心居 は一般客も利用可能です。

さて、名物は 柚子屋だけに 柚子鍋!
因みに、大浴場も 柚子屋だけに 檜の柚子風呂♪ ってしつこい?
われわれはオーダーストップ間際の到着となりましたが、
舞子ちゃん連れの旦那はん と 海外からのお客さまに挟まれたお席で、
THE KYOTO~ な情緒に圧倒されました。

際さん のお店はどちらも坪庭のセンスが一流で、見惚れてしまいますが、
柚子屋庭
ろくに撮り切れず・・・来てのおたのしみ~♪ってことでご勘弁ください。

さて、鯛柚子鍋懐石 8品 @10,000円 の先付け は、
柚子屋八寸
こごみ、わらび、ふき、ふきのとう、みょうが、たらの芽、うど、うるいに桜の葉寿司! きゃ~~♪
春ならではの山菜づくしに狂喜いたしました。

椀物は 汲み湯葉とうすい豆のすりながし、2種の お造りへと進み、
無類の筍好きの二人をうならせたのがこちら♪
柚子屋強肴
強肴 長岡京で朝、掘りおこされたばかりの筍は、一旦、油で揚げて醤油をからめて炭火で焼かれますが、
席に運ぶ際、七輪の中へ笹の葉を入れて燻す=香り付けされます。
柚子屋強肴2
思わず、おかわり~! とねだった程の絶品どした

鰆の焼物の後、メインの鯛柚子が登場。
柚子鍋
まず、芹、水菜、三つ葉などを取り混ぜた春野菜と京豆腐をいただき、
鯛の薄切りをしゃぶしゃぶ~  〆は、名物中の名物、大きな柚子がどかんと構える鯛柚子鍋 雑炊です。
柚子鍋雑炊
際コーポレーション代表・中島さん は、
コンセプトの明確化、視覚に訴えかける奇想天外なアイデアを次々に生み出し、
柚子鍋雑炊2
創業からわずか19年で、300もの店舗を経営されていますが、
ここ一心居では、パフォーマンスに勝る質の高いサービス、お料理の美味しさに脱帽
毎月替わるお料理を制覇したい☆ 欲望に駆り立てられます。

最後の甘味、蓬(よもぎ)わらび餅はひんやりあっさり、お薦めの日本酒も本当に美味しかった!
かみちゃん、来月御両親のお祝い、こちらでいかがでしょ?
CORプチっと同窓会も、ここに決まり~☆ 参加者募集中です♪
って hiromi の FREE DAY 待ちですけど・・・

柚子屋旅館HPへジャンプ!
京都市東山区祇園町八坂神社南隣 TEL 075-533-6369
宿泊:2食付 30,000円 or 33,000円 街中の喧騒が全く聞こえてこないのが不思議なぐらい静寂です
昼飯:お膳 2,800円~ 夕飯:7,000円~ 京男・佐野さんのおもてなしにうっとりですよ~♪
尚、★マークの画像 は、HPより拝借したものです。  
スポンサーサイト
kano
物凄く堪能した!!!写真と説明で。
想像しただけでうっとりやし!!
いくで~~プチコルっと!!。

こうした感動物の裏にはしっかりしたコンセプトの上に成り立っていると、説明がありましたが。
本当にそう思います。
先日、23年程前に旦那の仕事の都合で千葉へ行き
2年程前に東京の成城へ家を建てた専門学校の友達と
久しぶりに話していて、東京は本当に楽しいと!!
いま、大阪を見るとコンセプトがないしドンドン
汚くなっていると嘆いていました。
東京も、京都もやはりしっかりした、コンセプトを
持っていると、人を感動させられる継続が続いて
市自体が活性するんですね~~。
2009.04.29 Wed 15:31 URL [ Edit ]
don-mama
すっごーーい(^O^)/
いい感じ。
お食事がおいしそうなのももちろん魅力的ですが、
ロケーションも含めて、”おもてなしの心”を感じますね。
うちの店の子にも 自分がこうしてもらったら嬉しいな
と思うことをお客様にしてあげられるように心がけるように言ってますが、
たまには こういうお店でも 嬉しい経験しなくっちゃね。
行ってみたいです!
2009.04.29 Wed 15:33 URL [ Edit ]
いや~ やっぱり、京都には独特の情緒があって好いわ~ぁ♪

ザ・大人の旅 って感じ~♡
KANOさん、やっぱ、プチコルしかないわねぇ~♪♪
2009.04.29 Wed 16:17 URL [ Edit ]
かみちゃん
KIWAさんのHPでチェックして、良さそう~~~!!!
と思ってましたが、リンカさんの取材で、すごい!と唸りました。
お宿もあったんですねー!

来月の祝賀会は、北琵琶湖の『想古亭 源内』と言う所を押さえちゃいました。なんせ12人さまお泊まり付きなので、私にしては珍しく、2月頃から調べて、なんとか。
本当は京都の料理旅館が取りたかったのですが、12人で宿泊となると、4~5部屋必要で、子供連れだし、あまりに大人の宿ってのも、、、と、いろいろ探しましたが、ぴったりな宿が見つからず、京都は諦めたんです、、、。

祝賀会が土曜日なので、次の日の日曜日、お昼に行こうかしら、、。
それとも、私とダンナだけ京都で降りて、泊まろうかしら、、、。

しかし、こんなお洒落で情緒ある色っぽいお店は、家族でぞろぞろ行くより、むふふ♪ でこっそり、秘密の逢い引きしたいですねー☆

情報、ありがとうございました!
2009.04.29 Wed 17:01 URL [ Edit ]
リンカ
KANO,コンセプトの明確化。いやはや、実際店舗を運営してみて、これ程難しいことはない!と頭を抱え続けている一年です。要するに、明確にすればする程、リスクが高まる=物凄い勝負に打って出ることになる訳です。うちなんかは、非常に派手な内装な分、うっわ~高そう~と敬遠されがち・・・そこからのスタートは、思いの外、紆余曲折し何度メニューの総替えをして来たことか分かりません。服飾ブランドにせよ同じことが言えますが、生モノ在庫を抱える上でのリスクヘッジを取るか?コンセプトを死守するか? 土地柄もあるでしょうけれど、中島さんの肝っ玉には到底辿り着けん・・がしかし、目指して止まない精神で行かんとね~!

don-mama、給仕をして下さった男性は、何とアパレルご出身で、清楚な佇まいがより一層、品格を高めていました。写真はご遠慮したのだけど、山居の修行僧イメージで髪の毛を5mmに刈らなくてはならず、ってねこんなことスタッフに強要したら逃げてくやろ~!? 以前、従事されてたブランド名は明かせませんが、よくぞ転身=変身なさったわね~!持ってる服は一枚たりとも似合わなくなりました・・とにが笑うお顔がまた素敵☆でしたけどね♪

hiromi、よく隠れ家プチホテルとかコマーシャル文句で使われるけど、そのまんま代表的な和風オーベルジュですわ!正直、もっと流行っていてもおかしくないと思うのだけど、京都で公告を見たことがなくてね、口コミでのし上がろうとしてらっしゃるのか?何れにせよ、早くいらっしゃってぇ♪

かみちゃん、流石~手配が早い!木之本にある旅館なんやね。精々、彦根までしか行ったことがないんやけど、湖北は若狭からのお魚の流通がいいところなので、お料理がたのしみやね♪
JRで移動であれば、京都で下車してランチも良し、観光名所が集中してる地帯(木村先生のショップも近いよ!)なので、一泊でゆっくりするも良し☆おくどさんで炊き上げる白飯はお焦げ付きで最高らしいよ♪
宿泊を希望する知り合いが来た時には、お部屋のランクアップをして下さるというお言葉をいただいたので、また言うてな~♪

2009.04.30 Thu 00:39 URL [ Edit ]
リノン
あ~大人の空間!!
ええですね~
大人の空間に行っても・・・
チビがおったら、台無しやし!!
京都の奥深さをもうチョット、チビも私も大人になったら堪能したいですなぁ~
その時は、プランニング宜しくお願いいたします。

あ~・・・・
財布の中身も大人にならな・・・・
早く世界不況よ終わっておくれ!!
夫よ!!私をプチでええからセレブにしておくれ・・・
って、他力本願かよ!!

自分貯金せねば!!!
2009.04.30 Thu 02:51 URL [ Edit ]
銀ままん
ああああ、大好きです! 柚子屋さん!
京都での披露宴で初めての来日の
ケガニファミリーも、その美味しさにうなってました。
あ~、またいきたいです~。
2009.04.30 Thu 10:07 URL [ Edit ]
のんちゃん
銀ままの御主人家族もうなったのか、うちの象も好きかも。情緒があっていいですね。写真の取れ具合もいい。これってパンフレットの写真?

かまどもいいなぁ。

目を閉じて味を想像しよう。
2009.04.30 Thu 18:10 URL [ Edit ]
リンカ
リノン、確かに夜は、子供を連れて行き難い雰囲気ですが、お昼の景観も良さそうなのと、調度品がひとつひとつ愛らしくてね♪ 喜ぶやろ~なぁって感じよ。
円高が治まれば、輸出産業は一気に上向くし、今や世界一の市場・中国に乗り出してはるんやから、先行き明るいわよ♪ それに、あなたにはオ~クションの神が憑いてるから大丈~夫☆

銀ままん、流石の情報通☆お口の肥えたケガニ'S を満足させたやなんて! やるな~

のんちゃん、象さん、二人前必要かも知れない=懐石料理はやはり酒と楽しむものであって、量的には男性を満足させないかも知れないけど、是非お連れして~♪
末筆に、★マークの画像 は、HPより拝借したものです。って書いてたんだけど、公式HPでじっくり見ていただけます♪
2009.04.30 Thu 22:20 URL [ Edit ]
fumifumi
大人の世界やね~。お料理もものすごくおいしそう!!かなり行きたいですが、子どものお弁当作りもあり・・・まだお泊りはちょっと無理かな・・・。う~ん、行きたいなぁ。
2009.05.02 Sat 23:58 URL [ Edit ]
リンカ
fumifumi、中学に入ってもクラブ活動を頑張ってる息子くん、中々放っとけへんよね!自分のことそっちのけで子供の成長を見守り続けて来た友人&子供たちと久し振りに会ってね、母親が誠心誠意子供に尽くして来たことって、実によく伝わってるもんなんやな~と圧倒されました。口では、お母さんは兎に角、うるさい~!って言うてるけど、管理されてるよな窮屈さではなく、いつも傍にいてくれた、温かい目で見てくれた、だから今わたしはここまで真っ直ぐに来れた♪みたいなオーラが発散してまたな~(上の子は今年18歳です)
友人はここまで、言うに言われぬ苦労や葛藤だってあったろうし、ほんま、どうやったらこんな子達に育つんや?と聞いたら、答えは千個並ぶかも知れん・・・しね、よう真似せんけど、思い残すことなく子育てに励むこと。遣り甲斐のあるいち母の道だと思います。
2009.05.03 Sun 14:47 URL [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lunalyric.blog28.fc2.com/tb.php/145-d6136da7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。