≪ 2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.27 Wed
京都土産といえば
八つ橋! 漬物! 七味! よーじやのあぶら取り紙!

京都土産と言えば、この辺りが上位ランキングを占めますが、
もう一つ忘れてはならないのが、ちりめん山椒
こちらは、お取り寄せランキングの王者ではないでしょうか?

有名処は、しののめ さん、はれま さん、やよい さんと数々ございますが、
親友のお母さんもプロ級の腕前☆ レシピと手順を習い、
定休日の昨日、ちりめん山椒 作りに励んでみました♪

この季節、必ずお目見えする生山椒の実。
実山椒

パックにごっそり入っているので、一晩、水に浸けてアク抜きした後(注1)
フリージングしておきますが、実はこれ、裏ワザのひとつなんです。

必要材料は、ちりめん雑魚 1キロに対して、山椒の実を一握り。
実には茎がついたままなので、取り除くのが大変な手間・・・
そこで一旦、ビニール袋に入れて凍らせたものを手でもむと、
大まかに茎が取り除けるって訳!

まずお鍋に、酒400cc、醤油300cc(薄口1:1濃口)を入れて、
アルコールが飛んだところへ、実山椒を加え中火でエキスを抽出させます。5~6分所要。

実山椒をすくい上げたところへ、ちりめん雑魚を入れ、中火で炒り上げて行きます。
ちりめん山椒2

最後に実山椒を加えて、程よくまぶして完成☆
ちりめん山椒完成

たったこれだけ!?
はいっ。うまうま京都土産がいとも簡単に出来上がるんですね~♪
わたしは、大皿に広げて、好きな乾燥具合
①ご飯にまぶすといい感じの柔らか目
②サラダのトッピングに合うぐらいの硬目 にしてからパッキングしています。

1kgもあるし、みなさんにお裾分け~♪ と思ったんですが、
微熱が続いていた次女が、夕方、ようれん菌に侵されていると判明・・・
菌まみれってことかいな・・・保育園にも行けません・・・
ちりめん山椒試食
幸い、解熱してこのほうばり様♪ まず、心配はなさそうです。

でも折角なので、お得情報をひとつ いっときまひょ!
実は、中央市場の親友んちで ちりめん雑魚を分けて貰ったのですが、
宮崎産の特級品=百貨店でグラム600円を下らない代物です♪
ちりめん雑魚
ここでお幾らとは申せませんが、
お取り寄せご希望の方、メイル下さ~い。全国発送出来ま~す☆
(今回、特級品に釣られて、大きな物を選びましたが、本当は小振りなお雑魚が向いてます。)

注1:ちりめん山椒屋さんでは、実山椒の枝を取り除いてから、
塩を入れたお湯で湯がく→水でさらす作業を2回繰り返されるそうです。
その代わり、実山椒を途中ですくい上げることはなし。


また、和三盆を加える、甘口のお酒を使うなど、少し甘めに仕上げても美味しいです。
1キロ!? それは多い・・・と思われるかも知れませんが、冷凍保存が可能です♪
スポンサーサイト
銀ままん
うわ~~~~、おいしそうですね~~~。
ちりめん山椒、大好きかも。
でも、香港ではおじゃこは密かに高級品やったりします。
こんな風にふんだんに食べてみたい~(笑)
2009.05.27 Wed 10:22 URL [ Edit ]
かみちゃん
ちりめん山椒!!!!! 美味しそう!!!
そう、銀ままんの書いてる通り、ちりめんじゃこ、
グラム600円くらいします、香港で。
味? 解凍したよね?って感じでしょうか(涙)
明太子とかも高いですね、、、。

でも、ここ2年ほどで変化が。

宮崎産の水産物が、今までよりは比較的買いやすい価格で、
少しずつ日系取り扱いスーパーに並ぶようになりました。

これも、東国原知事の行動力か!と思ってますが。
台湾には訪問してはりましたよね、宮崎県産の品々を持って。

中国産であふれる日本。日本産を好む中国人。

うーん。
2009.05.27 Wed 12:36 URL [ Edit ]
のんちゃん
ただただ、よだれもんです。
こっちの人は小魚食べないんだよね。

2009.05.27 Wed 18:37 URL [ Edit ]
リノン
ご飯大好き星人の私にはたまりませんな~
実は、兵庫県の西のほうではイカナゴの釘煮っていうのが、春には各家庭で、地方の友人や親戚に作って送るのが風物詩でして・・・3月のイカナゴ貧乏と言う言葉があるぐらいです。しかし、今年はえらい不漁やったみたいで、店頭に出ても1キロ2000~3000円してたみたいで・・・通年は700円ぐらいなんですけどね。

しかし、残念ながら、うちの御近所や夫の実家にも大盛況の母のイカナゴの釘煮も私には少し甘ったるい!!

ちりめん山椒はピリリとして酒飲みのご飯好きにはたまりませんな~
2009.05.29 Fri 19:40 URL [ Edit ]
リンカ
銀ままん&かみちゃん、中国4千年の歴史にもちりめん雑魚はないか・・・東国原さん、目の付け所が違いますね♪日本産を好む中国人市場に参入したら、大化けするかもね!そして、在住日本人もにっこにこ♪素晴しいです★

のんちゃん、そういや、欧州も小魚ってアンチョビと鰻の稚魚ぐらいやもんね。長女は刺身が好きなくせに、お魚料理が苦手でね・・・お雑魚はふりかけ感覚で食べてくれるので重宝してるのよ♪

リノン、今年はイカナゴ問題、関西のTVではしきりに報道してはったわ!これから先、右肩下がりの漁獲量にならんよう環境が整うとええのにね。
かつては、甘露煮が苦手やったけど、今はそれだけでご飯がぺろり♪ワイン相手でもへっちゃらかも!ちゃんとお母さんに作り方習っといてや♪
2009.06.05 Fri 23:25 URL [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lunalyric.blog28.fc2.com/tb.php/153-0d1bd30a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。