≪ 2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.15 Wed
祇園祭 月鉾からキーヤンの登り鯉
梅雨の始まりや終りは、毎年、早かったり遅かったりと定まることがないのに、
7月14日~16日の京都、祇園祭りの宵山期間に入ると、か・な・ら・ず 最高気温が観測されます。

気が満ちる。
そういうことなんでしょうけれど、36℃という灼熱の中、宵宵山へ繰り出しました。
まずは、ルナ (イタリア語でお月さんの意) ゆかりの月鉾さんです。
月鉾
今年こそ、全貌をカメラに収めようと撮影したつもりが、
肝心な頂点、純金の新月型(みかづき)が写ってなくて・・・

さて、女人禁制の祇園祭ですが、最近では、どこの鉾も厄除けちまきを購入すると、
ちまき
性別関係なしに鉾に登らせて「いただけます。」
堤燈前
ちまきは、1000~1500円。月鉾は、1000円ですが、
夜は凄い行列が出来、撮影も不可となりますので、14~15日のお昼間が狙い目ですよ★

月鉾は、動く美術館 とも賞される豪華な鉾でございまして、
屋根裏には、1784年に描かれたという円山応挙の金地彩色草花図がこんなに鮮やか~!
うさちゃん
中央に、うさちゃんの木彫り彫刻があしらわれていますが、
どうして波に乗っているんでしょうか? ご存知の方がいらしたら教えてください!

二枚貝や巻貝を象った錺金具に
金具

源氏五十四帖扇面散図でしょ。
源氏絵

生命力あふれるお花モチーフの四本柱は、ため息もので~
四本柱

メダリオン緞通は17世紀のムガール王朝=インド製ですって。
絨毯

鉾や山の面白いところは、日本の伝統文化財のみならず、
当時国交があった諸外国の芸術品で飾られているところです。
鯉山
これは、鯉山 の緞通ですが、紀元前1200年頃の トロイ戦争 を題材としたもので、
17世紀ごろ、ベルギーはブリュッセルで製作されたことが明らかなんですって。
諸外国にも同じシリーズものが現存するそうですが、表裏ともに褪色しているので、
400年前と同じ色のタペストリーを見れるのは世界で唯一、鯉山だけ!
ってねぇ、湿度の高い京都に於いて、蔵の質の高さ&保管団体さんの尽力に拍手喝采する他ありません

さてさてぇ、鯉山 のご近所にある創業271年目の老舗帯問屋 誉田屋源兵衛 さん。
誉田屋源兵衛
昨年より、宵山期間に限り 木村英輝先生作の 鯉の滝登りの絵を屋外に展示されています。
キーヤン作
昨年、宵山の夜、余りの混み様に辿り着けず・・・娘たちがとても残念がりましたが、
タテ10m余、横5m、総勢270匹の鯉を堪能いたしました。

誉田屋源兵衛 京都府京都市中京区三条通室町下ル 地図

高々、四条から三条まで歩いただけですが、母はヨレヨレ、娘はGサイズをペロリっと!
スタバる
あんたら、凄過ぎ・・・
スポンサーサイト
銀ままん
うそっ! めっちゃニアミス。
わたしもいました京都に!
月鉾も木村先生の鯉もみてきましたよ~。
しかし暑かったですよね~。
2009.07.15 Wed 08:56 URL [ Edit ]
リンカ
銀ままん、マジ!?すれ違ってたりしてね!
実は、四条通りで音信不通になってたご家族にばったりお会いしてね、驚いてたら、三条通りでも同じ様なことが起こって、今年後半は出会いの運があるのかも~★といい気分だったのよ。
2009.07.15 Wed 10:25 URL [ Edit ]
don-mama
凄い鯉だね~
鯉のモチーフは、木村画伯の画風にぴったりやね
迫力です!

もう祇園さんのシーズンだねって言ってたとこでした。
鉾は 純日本のイメージだったのに、
海外文化が盛り込まれてるなんて、意外~
知らなかったわ~

銀ままんさんとの ニアミスにもびっくり!!
だって、お会いしたことないでしょ?
普段海外の方ですもんね…
すっごい 偶然!
2009.07.15 Wed 16:01 URL [ Edit ]
kano
恥ずかしながら、祇園祭りはまだ行ったことがないのです。(ごめん)
なぜなら、凄い人で見られへんと言われていたので・・。
でも、宵宵山とかに行けばこうやって、見られるわけね
でも、それでも凄いとは!!来年は行こう!!
ウサギちゃんの下にカメがおったやろ?
もしかしたら、ウサギとカメ??因幡の白兎??
なんて知らんからここまでにしとく。

しかし、木村先生の鯉!!素晴らしすぎる!!
渦巻きながら、鯉が270匹!!色もステキ。
2009.07.15 Wed 20:19 URL [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lunalyric.blog28.fc2.com/tb.php/167-5c7d39fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。