≪ 2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.12 Wed
今夏の生活
あっという間に8月も半ばですねぇ。
3週間以上ブログ更新もせずに来てしまいましたが、
今夏はですね、ろくに出勤もせず子供と過ごしております。

長女を小学校入学時から学童保育所** に預けておりましたが、
(**両親とも働く家庭の子供を放課後や長期休暇中、預かっていただける子育て支援機関)
2年目になる今春から、行きたくない・・・
かといって、独りきりで留守番するのは怖い・・・とすがり付かれました。

話を聞けば、それ相当な目に遭っており、単なる弱音や逃避ではないと理解しつつも、
両実家とも30キロ以上離れており、
職場で多忙を極める頃でしたので、おだてながら通わせておりましたところ、
情緒不安定? 元来、ケアレスミスが多い子ではありますが、
今まで一人でこなせていたことが出来ない、
忘れ物は多いは、段取りは悪いは、もたもた何が言いたいのか分からない状態に陥りました。
学校では、急にお腹が痛い、めまいがすると保健室に行きたがったそうです。

娘をよく知る友人は、
今まで反抗期がなく来た子は、突然そんな風に成るんよね~!
と茶化しつつも、
母親が働く姿は格好いい、なれど、自分のことを振り向いて欲しい時ってあったやん!?
せめて少しぐらい誉めて欲しいって思ったもんやわ~
と、とても大きな助言をくれました。

実はわたくし、母親といっしょに居たい。誉められたい。
そういう感情を持った記憶がありません。
母は働く中、出来る限り色々な体験をさせてくれ、勉強しなさい!と言うことなし。
いいところもありましたが、面と向かって誉められたことがないばかりか、よくけなされました。→今でも!
何れにせよ、
期待されていると感じたことがなかったから、母の評価なんて気にもせず、
自分は自分♪ 我が道を進むことに徹して来ました。

でも・・・それは、ある程度大きくなってからの自分であって、8歳の時点では違ったのかも知れない。
何をやっても振り向いて貰えない。
その悲しさから、母への感情を押し殺したのではないか?
未だに母が苦手なのは、ある種のトラウマ!? ゲロゲロ~

何度か、母がわたしのことを自慢げに話していたと耳にしました。
いや、気持ち悪~!作り話でもしてるんと違うかしら?
そんな娘にしたいの、あなた!?
まさか・・・二の舞は踏みとうございませんってぇ

そんなこんなの今夏、有難いことに、会社スタッフの士気が高く、
わたしが休んでいようが、何ら問題なし!
ゆったり気ままに過ごしていると、誉め言葉もすらすら~♪
娘とそこら中、自転車で駆け巡りながら大汗かいてますねんわぁ
スポンサーサイト
Sin
リンカさん、こんにちは。Sinです。
ちょっと気になったのでコメントします。
娘さんですが、ADHDの可能性があるかもしれません。
私も知り合いの子がなっていますが症状が似ています。
一度、専門医に相談されてみてはどうでしょうか。

参考)
http://www.adhd-navi.net/
2009.08.12 Wed 09:35 URL [ Edit ]
かみちゃん
気付けば、あっという間にお盆ですねー☆

私は、私自身の記憶はないのですが、母曰く、
幼稚園へ行き出したので働き始めたら
『家に居て欲しい』と泣いたそうです。
それで、やむなく働くのを諦めた。
と延々、延々、今でも言われます。
私はそれが、私のせいで働くのを諦めたを言われ続けるのが
めっちゃイヤでした。

多忙を極めている時に、学校であったこととか、学童保育所であったこと、話したかったけど、忙しくて悪いかなと思って我慢したのかも知れませんね。

でも、行きたくない。と自分の意志を外に出せたので、それは、よかったのではないでしょうか。

・・・って、子供居ない私が偉そうに☆ すみません。

せっかくですから、夏休み、いっぱい楽しんで下さいね!!
2009.08.12 Wed 11:01 URL [ Edit ]
銀ままん
うちは超こわいオカンで、ちいちゃい頃はしばかれまくり、かつ褒められることも少なかったですね~。
愛のむちやったのかもしれないんですが、
おかあさ~んとなついていける愛情は
育たなかったような(笑)

リンカさんみたいに、こんな風に立ち止まって
向き合ってくれるお母さん、いいな~って思います。
2009.08.12 Wed 16:06 URL [ Edit ]
kano
私達の昔の小さい頃ってみんな両親が働いていて
何処の家もほったらかしやったし、あまり子供に期待?
をかけなかったから、寂しいと思わせてくれることも
ないのかしら?
私もリンカと同じで母の評価気にする子やなかった。
でも、喘息をよく出していたのでその分かまってもらったと感じていたから寂しくなかったのかも。
それに、家もよくしばかれていたから怖かったし。

契約先のパターンナーのお嬢さん(17歳)が
今になって登校拒否にかかりだしているそうです。
その子は今まで殆ど手が掛からず、弟の方に
ばっかり世話をやいていたらそうなったとか・・・。
小さいながら、自分のSOSが言えるなんて
いいことかも!!
大汗かきながら、ちゃりんこ飛ばしてぶっとべ~~。
頑張れ~~~。
2009.08.12 Wed 16:29 URL [ Edit ]
リンカ
Sinくん、Oh~よくぞお出で下さいました!参考サイト、立ち寄らせていただきました。
文中に記した症状は6月前後のことで、恐らくそのまま放置していれば、大事に至ったのかも?とさぶいぼが立ちましたわ・・・
幸い、現在長女の様子は以前通り=溌剌としておりますが、何時また不安定になるかも知れないということは肝に銘じておかないといけませんわね。
同い年のお嬢さんを持つ友人が精神科医で、ここ3ヶ月子供同士は週2~3日一緒に過ごしているので、何かと顔を合わせている彼女の意見、尋ねてみるわね!

かみちゃん、第三者の立場で貴女のお母さんの決断をみると、偉いな~と思うよ☆でもって、あんたのせいでな~といい続けるお母さんの気持ち、一寸分かる(笑)
実はわたしも、仕事を辞める!と宣言致しましたのよ。したらば、え~~~貧乏にならへん!?と返されました(汗)
8歳というのが微妙な年頃なのか?6歳の妹がストレートに甘える姿を見て、羨ましい!でも一歩踏み出せない・・・思いをしていることに気付いてました。只、大人振りたい性格でもあり、わたしが受身で居過ぎたんやろうね。ようやく言葉になった思いだけは無碍にせんと真摯に受け止めるわね!

銀ままん、わたしも相当怖いオカンですが、何故にここまで恐っとろしい母を慕うん??と退く時があるんよねぇ。どこの子もそうみたいけど、世の中で自分の母親が一番キレイ♪とか、一番仕事が出来る!とか、トンチンカンな想いを抱く時期なんよ~
でも、そんな愛しいオカンやらせて頂けるのもあと数年。このモテモテ状態を謳歌せんと勿体ないですよ~♪と8歳年上の担任の先生に言われました(笑)

KANO、わたしさ、週末や定休日、最大限のことを「してやってる」自負があってね、相当凹みましてんわ。。。何のために仕事をしてるんやろ?と自問すると涙が止まらんかった。。。
こうして文章を起こせる様になったのは、どうにか乗り越え、これからの指針が固まったってとこなんやけど、一杯付き合うで♪ 出といで~や~と声掛けてくれた貴女の言葉にも助けられてました。
実際、中々そんな時間も取れませんが、近い内にCIN♪ 致しませうね。
2009.08.12 Wed 23:45 URL [ Edit ]
のんちゃん
だんだん難しくなっていくね。

でもそうやって軌道修正しながら生きていける器用さがあれば、問題も解決していくように思います。

自分の子ども時代のことと比べると自分の子どもでも人格は別だから同じようにってわけにはいかないしね。

KANOさんとこのコメントの返信で言っているように、少し乗り越えたから客観的に書けるんでしょうね。何となく読んでいて思いました。大変でしたね。

私ももう時期仕事を辞めて生活が一変するでしょう。だから不安で不安で、結構小さいことで凹んだりします。だからこう、大変だったけど乗り越えたよというのを読むと他人事ながらほっとします。

まだまだありそうだけど、そのときそのときを大事にすれば道は開ける!
2009.08.13 Thu 12:23 URL [ Edit ]
リンカ
のんちゃん、子育ての山場はどこか?と先輩諸氏に尋ねたら、中学生時代かな?と言われるので、こんなところで挫けてては先が思い遣られる・・・けどね、何事も初体験ですからね、動揺もすれば、判断に悩むし、失敗した!と思えば、「明るく元気に」軌道修正♪ これに限りますわ。
人生を変える。わくわくする反面、慎重にナーヴァスにならざるを得ませんが、大きくうねること=小さな努力の積み重ねでさ、細やかなことにも目が行ってないと成り立たないのかも。凹み、悩むことで地盤が固まる。そうに違いないっさ~♪
2009.08.17 Mon 03:40 URL [ Edit ]
虎キチ婆
今朝、黒人と見紛う程に日焼けした若い女性を見て、シャルマシェイクに一緒に旅行した時のあなたを想いだしました。
自分のブログの更新もすっかりサボっていたので、こちらにも久々にお邪魔しました。
LUNAちゃん、心配やったね。
ご存知の通り、私は幼き頃には母親に対して複雑な思いがありました。現在母との関係は円満で、彼女の深い愛情をありがたく思う毎日ですが、その頃の思いは、自分が孫を持ってもおかしくないこの歳になっても、残念ながら消え去ることはないようです。
しかし最近、母は私にそんな思いをさせていたとは微塵も感じていないことを知り、これまた驚いたしだいですよ。
夫も子も持たない私が言うのもなんですが、親というものは、気づかないうちに繊細な年頃の我が子に影を落としてしまっているのかも知れないですね。
あなたは早くに彼女の心の闇に気づいてあげられて、そばに寄り添ってあげられて、本当によかった。
これからもしっかり見てあげてちょうだいね。


2009.08.26 Wed 16:43 URL [ Edit ]
リンカ
虎キチ姉!お久し振り~♪
恐らく、二度と行けないだろう・・・シャルマシェイク。連れてってくれて、ほんま感謝してるよ~★そういや、あんた!炭の様や!と写真を撮っていただいたわねぇ。一番の思い出は、耳の穴に虫をしこたまパラサイトさせてたラクダさんと急坂を駆け下りたことかしら?(爆)
母親への表現し難い感情については、何度となく語り合いましたなぁ~自分が母親に成ることなんて考えられなかった。そして今も自信はない。。
あんたが10歳に成る頃には、ちーとはまともな母さんに成ったるけんね!焦るな~★なんて訳の分からんこと言うて諭して来ましたが、幼少期の疑似体験いうんかしら?子育ての中には、はっとさせられる回顧や自身の人格形成に関与しただろう節が垣間見られ・・・ぞっとして!きゅっとして!さぁ、どうする、どうする~!?と大手が掛かることが結構ございましてね。。
どうしていいか分からん時は、抱きしめとけ!という単純さが「未だ」活きる時代。何とか、凌いでると言いたいです(汗)
2009.08.29 Sat 00:59 URL [ Edit ]
管理人にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lunalyric.blog28.fc2.com/tb.php/171-3e76837f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。